メイク道具

ブランド化粧品の選び方

ディオールのコスメは、海外ブランドらしい主張のあるメイクが完成するのが魅力です。ただ、欧米人の肌を想定してカラーが用意されているため、日本人の肌には合わない場合があります。色選びに工夫が必要になるのが、ディオールのコスメです。

化粧水

安心で安全なもの

オーガニック化粧品の中にも様々な種類があります。そのため、購入する際は自分が求めている成分が入っている化粧品を買うようにしましょう。肌が敏感な方は、パッチテストを行なってから購入すると安心です。

早目の対策を

クリーム

食生活にも注意が必要

妊娠中は、急激にお腹が大きくなるので、皮膚がその成長についていけず、波状の亀裂の跡ができてしまうことがあります。それが妊娠線です。これは、一度できてしまうと、完全には消えないので、美容的に気になる女性も多いです。また、妊娠後期には、お腹の下側の部分が見えにくく、知らない内に妊娠線ができてしまっている方も多いです。妊娠線は、体質によって、できやすい人とできにくい人がいます。しかし、妊娠の初期から対策することで、できやすい人も予防することができます。特に、肌が乾燥するとできやすくなるので、妊娠線の予防には、専用の保湿クリームが有効です。クリームは、マタニティ用品の取り扱いがあるお店や、インターネットなどで購入できます。また個人差がありますが、妊娠中は、つわりで匂いに敏感になる女性も多いです。普段は、全く気にならない香りでも、妊娠中は受け付けないこともありますので、購入の際は、気をつけましょう。そして気になる方は、店舗のテスターなどで確認してから購入しましょう。妊娠線の予防クリームは、肌を保湿する効果が高く、肌を柔軟な状態に保ってくれます。継続して使用しますし、たっぷり使わないといけないので、使いやすい価格帯のものがおすすめです。また、妊娠線の予防クリームには、産後に赤ちゃんの保湿クリームとしても使えるものもあります。妊娠線の予防には、保湿以外にも、体重のコントロールが大切です。急激な体重の変化がないように心掛けましょう。バランスのとれた食事と、規則正しい生活で、肌の新陳代謝を促すようにしましょう。

メイク

合わないコスメを転用

コスメを買っても、使いこなせないという方は、多いです。使い切れない場合は、転用するのがおすすめです。メイクを工夫して、コスメを活用してみましょう。また、合わない乳液やクリームをクレンジングの代わりにするのもおすすめです。